トレンドアフィリエイトの記事の書き方!順序や流れについて

こんにちは、そらです。

 

初めてブログで記事を書くとなったら、どこからどういう風に記事を書き始めていいのかがわかりませんよね。

 

まずなにをしたらいいのか?

ここがわからないと記事を書く作業に入ることができません。

 

「こうやって、次はこうやって、その次は・・・」

という風に進む道順がわかっていると進むことができますが、

道順がわからないとなかなか前には進めないですよね。

それはブログを書くという作業でも同じです。

私も最初はあまりよく理解していないまま作業をこなしていましたが

ある程度数をこなし慣れてくると普通に記事を書くという作業ができるようになっていました。

 

 

記事の書き方については「絶対にこうしなければいけない」というのはなく、

基本的に自由に書いて構いません。

 

しかし「どういう風にして記事を書いていけばいいのか?」という一連の記事の書き方の流れは知っておくと効率よく記事を書くことができます。

 

今回はトレンドアフィリエイトの記事の書き方について説明していきます。

 

トレンドアフィリエイト記事作成の順序や流れなど書き方【動画】

 

 

トレンドアフィリエイトの記事を書く際の流れや順序

 

いきなり「トレンドの記事を1つ書いてみて」

と言われたところで簡単には書けないですよね。

 

 

読書感想文や作文なんかを小学生の頃に書いたと思うのですが、

あれって書きながら次はどんなことを書こうかなって考えながら書きますよね。

 

ここにこの感想を入れて、次はこの出来事の感想で、最後はこれ!

みたいな感じでは書いていなかったと思います。

 

とりあえず思いついた感想をどんどん書いていって次になにを書くのかは思いつき

という感じで書いていたと思います。

 

 

けれども、トレンドアフィリエイトの場合はそれとは全く逆で

どんな構成で記事を書いていくか決めてから記事を書いていきます。

 

 

まずはどうやって記事を書いていくのかという手順を説明します。

1.記事のネタ決め

2.ネタのリサーチ

3.キーワード選定

4.記事のタイトル決め

5.見出し決め

6.本文を書く

7.記事の最終確認

 

この流れで記事を書いていくとどうやって進めていいのかがわからないということはなくなると思います。

 

それでは1つ1つ詳しく説明していきます。

 

トレンドアフィリエイトの記事の書き方

順番に詳しく見ていきましょう!!

1.記事のネタ決め

記事を書く際に1番最初にすることは記事のネタを決めることです。

まず、なにについて書くかということを決めないとなにも始まりません。

 

トレンドアフィリエイトの場合は、

今現在流行っている・話題になっている人や物など今現在旬であるネタについて書いていきます。

 

ネット、テレビ、雑誌、身の回りで起こっていること・・・などなど

話題のネタはたくさんありますが、

多くの人が知りたいと思っている情報を記事にする必要があります。

 

トレンドアフィリエイトはその旬を捉えて記事を書いていくので、ネタは検索需要があるということが大前提です。

 

 

2.リサーチ

ネタを決めたら次はそのネタについてのリサーチをしていきます。

リサーチをする理由として、

記事を書くためのそのネタの情報を仕入れること

ライバルのリサーチ

です。

 

なにも調べずに記事を書くことはできないですよね。

先に選定したネタについて調べて情報収集して自分に知識をインプットする必要があります。

人に教えるにはまず自分にその知識がないと教えることはできないですからね。

 

情報収集するものはなんでもいいです。

ネット、雑誌、新聞・・・などなど

 

そして選定したネタと同じネタで書いている人(ライバル)のリサーチをします。

ライバルがどんな記事を書いているのか見てみて、上位表示されている5つほどのライバルの記事は読んでみてください。

 

そうすることで

どんな内容でどれぐらいの情報量があると検索結果で上位表示されるのか

ということを知ることができます。

 

リサーチをすることでどれぐらいの量で、どういう内容や質で書けば上位表示できるのかということをなんとなくつかめると思います。

 

 

3.キーワード選定

リサーチが終わったら、その記事のキーワード選定をします。

キーワードは1つじゃなく複数選びます。

私はキーワード選定はリサーチと一緒に行うこともあります。

 

このキーワード選定はトレンドアフィリエイトでアクセスを集めるための最も重要なポイントになるので、

「たかがキーワードぐらい・・・」とかって思わず、慎重に選定してください。

 

トレンドアフィリエイトの場合は新しく出てきた言葉なんかもネタにすることもあるので、

そういう場合はある程度自分でキーワードを予測する必要も出てきます。

 

もし芸能人についての記事を書く場合は、

関連キーワードを調べる無料ツールなんかも活用していくといいです。

goodkeywordの使い方についてはこちら

 

とにかく、キーワード選定でアクセスが集まるか集まらないかが決まるのでここは怠らずにやってください!!

 

 

4.記事のタイトル決め

キーワード選定が終わったら、記事のタイトルを決めていきます。

タイトルは自分が検索されたいキーワードをいくつか入れつつ、自然な日本語になるように考えます。

ただタイトルを適当に羅列させたようなタイトルは絶対にダメです。

 

そしてキーワードをタイトルに入れるだけではなく、キーワードを入れる順番も大事になってきます!!

1番検索されたい重要なキーワードほど左に持ってくる

ことで検索結果で上位表示させることができます。

 

これももちろん大事ですが、クリックしたくなるような記事タイトルをつけることの方が大事です!!

 

 

5.見出し決め

記事のタイトルを決めたら次は見出しを決めていきます。

見出しっていうのは、記事内容の要点を短くまとめた小さいタイトルのようなものです。

 

見出しってどうやってつけたらいいのかわからないって悩むかもしれないのですが、

見出しを付ける簡単な方法があります。

 

タイトルでつけたキーワードをばらして別々に見出しをつけていけばいいだけです!!

 

例えば

「佐々木希の髪型・メイク方法や彼氏渡部との結婚の噂は?」

というタイトルを付けたとします。

 

そうすると見出しは

1.佐々木希の髪型

2.佐々木希のメイク方法

3.彼氏渡部との結婚について

という風に見出しを付けることができます。

 

このようにして、タイトルを分解して見出しを付けると簡単に見出しを決めることができます!

 

 

6.本文を書く

キーワード、タイトルを決めて、見出しもできたら本文を書いていきます!!

文章の構成は

1.タイトル

2.導入文

3.見出し

4.本文

5.まとめ

(3と4は見出しの分だけ繰り返す)

という風に書いていくのが一般的です。

 

でも、最初にタイトルと見出しを決めたので、2,4,5を執筆していきます。

本文には自分で情報収集した内容を書いたり、自分の主観を入れたりしながら

読者さんがどういう情報を求めているのか?

ということを意識しながら記事を書いていきます。

本文に関しては見出しが決まっているので書きやすくなっていると思います!!

 

 

記事の投稿方法やWordPressでの記事の書き方についてはこちら

本文ではただ文字を書くだけじゃなくて強調したい文字に色を付けたり太文字にして装飾したり、

適宜画像や動画を入れたりもするとより見やすい記事になります。

画像の挿入方法についてはこちら

動画の挿入方法についてはこちら

 

私は本文を書きながらその場その場で文字の装飾や画像・動画の挿入をしていますが、

先に本文をすべて書いてからそのあとで文字の装飾をしたり画像や動画の挿入を行ってもいいと思います。

ここは自分がやりやすい方法でやってみてください。

 

 

7.記事の最終確認

これで記事の執筆は終わりであとは投稿するだけなのですが、

絶対にすぐに投稿はしないでください!!

なんでも見直し、最終確認って大事ですよね。

 

記事の執筆でも最終確認は大事です。

プレビューして誤字脱字がないかや、日本語はおかしくないかなどをチェックしてみてください。

 

書いているときは全然気にならないのですが、プレビューして読んでみると

あれ?って思うような文章だったり、漢字の変換が間違っていたり

ってことはよくあります。

 

人間ですから間違いは誰にでもありますが、できれば完璧な記事を投稿したいですよね 🙂

 

プレビューで最終確認してこれで大丈夫だと思ったら【公開】ボタンを押して完了です!!

 

 

これがトレンドアフィリエイトでの記事作成の流れになります。

手順が多くて難しそうに感じる方もいるかもしれないし

最初は時間がかかって大変に思うかもしれないですが、

慣れてくるとすんなり記事作成を行うことができるようになっています。

 

どうやって記事を書いていいのかわからないという方はこの流れを参考に記事を書いてみて下さい 🙂

場数をこなすことで慣れてくるものです。

とにかく記事をたくさん書いていきましょう!

私からの無料プレゼントはこちらです

コメントを残す