価値あるブログを作るには自分が読者目線になること!価値のあるブログってどんなブログ?

こんにちは、そらです。

 

記事を書く際にとても大事なことは

「読者さんにとって価値のある情報を提供すること」

です。

 

それはわかるんですが、【価値のある情報を提供する】という言葉自体がすごく曖昧な言葉だと思いませんか?

価値を感じるかどうかなんて人それぞれだし難しいですよね・・・。

そこで今回は価値のある情報を提供する記事の書き方のコツについてお話していきたいと思います。

 

価値のあるブログとはどういったブログ?

そもそも価値のある情報を提供しているブログってどんなブログでしょうか?

私は、

自分が知りたいことがきちんと記されているブログ

だと思います。

 

例えば、ケーキの作り方を調べていたのに、クッキーの作り方が載っているブログを見ても価値を感じないですよね。

それは自分が知りたいことが載っていないからです。

 

ここでは知りたいこと=ケーキの作り方

なので、ケーキの作り方が載っているブログに価値を感じるわけです。

 

自分が知りたいことを検索エンジンで調べて、その情報が載っているブログを見つけたら満足して検索エンジンを閉じることができますよね。

これが価値のある情報を提供しているブログと言えるのではないかと思います。

 

価値のあるブログを作るには読者さん目線になってみる

こうやってアフィリエイトをしていると情報を発信する側になってしまっていますが、

実際生活している上でいろんなことを検索エンジンで調べる機会も多いです。

そういったときは自分は読者ですよね。

 

読者目線になって知りたいことを調べるので、客観的に他人のブログを見ているはずです。

なので、

「このブログは見やすくてすごくいいブログだな~」

「このブログは中身が薄っぺらいから違うブログを見よう」

とか。

いろいろ思うことがあると思います。

 

 

そしてあなたは

このブログは価値のあるブログだ

このブログは自分にとって価値がないブログだ

ということも意識していなくても思っているはずだと思います。

 

価値のあるブログだと思えばじっくりそのブログを見て、自分の知りたい情報が載っている記事の他に別の記事を読むこともあるだろうし、

価値を感じないブログであったらすぐに離脱して、違うブログを訪問するだろうし。

 

特に価値のあるブログだ!価値のないブログだ!と思っていなくても

自然と上記のように行動に出ていると思います。

 

 

自分がブログを書いていると、やっぱり自己満足のブログになってしまうんですよね。

自分ではわかりやすい・見やすいブログだと思っていても

他人からするとここの文章がわかりにくい・特に価値があるとは思えないブログだっていう風に思われているかもしれません。

 

価値を感じるかどうかっていうのは本当に人それぞれなので、この世の中すべての人に自分のブログに価値を感じてもらうということはたぶんできないですが、

少しでも多くの人に価値を感じてもらうブログを作るために大事なことは

自分が読者さん目線になってみる

ことだと思います。

 

他人のブログだったら

このブログ価値のある情報ばっかりですごくためになる

このブログは読みにくいし、自分の知りたい情報が全然載っていないから価値はない

とかっていう風に客観的に見ていますよね。

 

なので、

自分のブログを読者さん目線になって書く・見る!

 

自分の主観で書いたブログと読者さん目線になって書いたブログだったら書く内容は変わってくるんじゃないかな~?と思います。

 

 

読者さんはどういうことを知りたいからこのブログ・記事を見ているのか?

ということを意識して書くと、より読者さんに価値を提供できるブログを作ることができると思います。

 

そして客観的に自分のブログを見てみることで、

デザインがあまりよくなかったり

この表現がわかりづらい

文章の意味がわかりにくい

ここは内部リンクを入れた方がもっと価値提供できるんじゃないか

とかいろいろ見えてくるところがあるはずです。

 

 

自分でブログを書いているのですから、主観的に記事を書いてしまうのは仕方がないことだと思います。

けど、意識して客観的になって読者さん目線になって自分のブログを書くことによって多くの方に価値を感じてもらえるブログを作っていくことができると私は思います。

 

ブログを作っていく際には

読者さんに価値を提供できる(価値を感じてもらえる)ブログ

ということをいの一番に意識してみてください 🙂

そうするとおのずとユーザビリティも向上していくはずです!

私からの無料プレゼントはこちらです

コメントを残す