女の勝ち組は専業主婦?共働きでも負け組と言われないために!

こんにちは、そらです。

 

女性の多くは

結婚や出産を機に専業主婦になって仕事をしないで子育てをする

というのが理想だと思います。

 

私もそうでした。

が、実際はそういうわけにはいかないんですよね。

 

子供が小さいうちから働きに出ないければいけないお母さんもたくさんいるし、

子供が幼稚園に入って1人になる時間を楽しむ暇もなく働きに出るお母さんもいっぱいいます。

 

不景気な世の中なので女性も働かないといけないのは仕方のないことなんですよね。

 

共働き世帯が多くなっている現代ですが、

専業主婦の方も約3割います。

昔に比べたら大分少なくなりましたね。

 

働かなくても旦那様の給料だけでやっていけるなんて、

兼業主婦の方からすると羨ましい限りですよね。

 

 

私は傍から見れば専業主婦なのでよく

「旦那の給料だけでやっていけるなんて本当に羨ましい」

と言われます。

実際はそんなことないんですけどね。(笑)

 

今回は専業主婦=勝ち組なのか?ということについてお話していきます。

 

専業主婦=勝ち組なのか?【動画】

 

 

専業主婦=勝ち組?年収が高い旦那様と結婚すれば勝ち組になれる?

あまり勝ち組とか負け組とか人に勝ち負けを付けるのは好きじゃないのですが、

この話題についてお話していきますね。(笑)

 

 

まず、世間では

専業主婦=勝ち組

と思っている、認知されている方が多いようです。

 

子供がいてずっと専業主婦でいられる家庭って本当に一握りだと思います。

子供って大きくなるまでにすごくお金がかかると言われていますしね。

 

なのでそうやって考えれば

自分が働かずに家庭のことだけやっていて

苦労なく生活していける専業主婦=勝ち組

と言われるのもなんとなくわかる気がします。

お金に苦労しなければやっぱり気持ち的にも楽ですしね。

 

ずっと専業主婦でいられるのは医者とか弁護士とか会社を経営している社長とか・・・

高給取りの方の奥様でないとなかなか難しいでしょう。

 

 

でもそうじゃない方でも専業主婦の方っていっぱいいますよね。

私も他人から見れば専業主婦ですが、自分のことを勝ち組だなんて思ったことは1度もないです。

が、やっぱり友達には「働かなくても生活できるのが本当に羨ましい」とよく言われます。

本当はこそっと仕事はしているんですけどね 🙂 (笑)

 

 

お金が腐るほどあるわけではなく、なんらかの事情で働きに出られず

節約しながらやりくりを一生懸命しながら生活をしている専業主婦の方も世の中にはいっぱいいると思うんですよね。

 

 

小さい子供がいる家庭ではお金に余裕があるわけではないけど、

幼稚園に預けるまでに子供を家で見るから専業主婦をしているという家庭もいっぱいあるでしょう。

私もそうでしたし。

 

 

なので

専業主婦=勝ち組

かと言われたら私はそんなことはないと思うし、

 

実際お金があるからと言って勝ち組だとは私は思わないですね。

お金がなくても幸せで自分は勝ち組だと思えば勝ち組だと思うし、

その考えって人それぞれです。

 

 

先ほど私は自分を勝ち組と思ったことはないと言ったんですが、

私も家族であったり友人であったり、自分を取り巻く人にはすごく恵まれているので

そういう意味では自分は勝ち組だと思っています!!

 

 

感覚は人それぞれなのでなんとも言えないですが、

私は専業主婦だから勝ち組だと決めるのは違うと思うし、

お金がある専業主婦だから私は勝ち組よ

みたいな感じの方は嫌いです。(笑)

 

兼業主婦(共働き)=負け組?

専業主婦=勝ち組だったら

働いている主婦つまり兼業主婦=負け組

ってことになってしまいますよね。

 

そしたら今は世の中の7割が共働きなので多くの方が負け組

っていう風になってしまうということになる。

 

 

どう考えてもそれはおかしいですよね~。

兼業主婦だから負け組。専業主婦だから勝ち組

っていう考えをしている時点でおかしいし、変。

 

私の友達は仕事が大好きで家で専業主婦をしている方がよっぽどつらい

なんて言っていましたし、

主婦が働く=負け組

ってことは絶対にないです。

 

それに2人で働くとお金、世帯年収も増えます。

そうなると旦那様だけで働くよりも生活に余裕は出るので好きなことにお金が使えるかもしれません。

 

私は人生において勝ち組、負け組なんていうものはないと思っているけど、

専業主婦であったとしても生活が苦しくて苦しくて仕方ないっていう専業主婦なら

専業主婦=負け組

という風になるのではないかと思います。

 

専業主婦であったとしても人生そのものが楽しくない、生活がきつくて辛いのであれば勝ち組とは言えないんじゃないでしょうか?

 

 

働くことが好きで楽しく働いていて、お金をもらっているのであれば人生を楽しんでいるので

それは

兼業主婦=勝ち組

になると思います。

 

お金があるから勝ち組、お金がないから負け組

確かにお金はあるに越したことはないと思います。

が、そうやって働いている主婦は惨めで大変だから負け組

っていうのは変だし、違いますよね。

 

 

私は基本的に楽しいことが好きなので、

自分が楽しめたら勝ちだと思っています。

 

人生1回しかないですからね 🙂

なんでも楽しくやっていきたいですよね!!

 

専業主婦じゃなくても勝ち組・負け組関係なしに自分で稼ぐ方法

多くの女性は

生活に余裕があって働かなくても生活ができる専業主婦

に憧れていると思います。

 

私も現実を知るまではそう思っていたし、専業主婦でいられたらいいな~なんて漠然と思っていた過去がありました。

が、実際問題そういうわけにはいきません。

 

実際は子供を産んで子供が少し大きくなったら働いて家計を助けて、家事もする・・・

みたいな結構ハードな現実が待っている方が多いです。

 

 

確かに家事、育児、仕事をして忙しい主婦を見れば

家でゆっくり家事をしている主婦は羨ましく見えるのかもしれません。

 

けど、そうやってお金にも余裕がある専業主婦っていうのは本当に一握り。

 

じゃあ女性が憧れる専業主婦になることは高給取りの旦那様と結婚しなければ一生無理なのでしょうか?

 

私はそんなことはないと思います。

 

私は今専業主婦ではないのですが、家で仕事をしています。

幼稚園に子供を送って職場に向かうわけでもなく家に帰っているのできっとほかの人から見れば

この人仕事してないんだろうな~

って思われていると思います。(笑)

 

それに好きな時に遊びに出かけたり、幼稚園とか学校の行事は必ず参加しているので

きっと暇人だと思われていることでしょう。(笑)

 

でも実際には家が仕事場で、家でのんびり自由に仕事をしています。

私がやっている仕事はパソコン1台でできる仕事、つまりネットビジネスです。

 

ネットビジネスを始める前はパートに出ていたんですが、

パート時代は1日4時間(通勤時間や準備時間を含めると5時間ぐらい)で、月だいたい6万円ほどの給料。

 

今は通勤時間は0で1日2~3時間の作業で月収10万円以上。

働く時間はパートの半分でお金は倍以上稼いでいるんです。

 

人間関係のストレスもないし、時間も自由。

好きな時に遊びに出かけたり、休憩したり。

 

一応兼業主婦ではあるんですが、

これって専業主婦となんら変わりないなと自分で思ったりもします 🙂

 

だから友達から見たら羨ましく見えるんでしょうね。

 

 

私は自分で勝ち組とは思いませんが、

今外に働きに出ずに家で稼げるようになってからはお金にも時間にも余裕ができたし、

子供たちとの時間も増えてすごく充実した日々を送れていると思います。

 

パートだったらいつか正社員になってがっつり働かないといけないんだろうなっていう不安もありましたが、

ネットビジネスなら主婦でも月20万、30万、それ以上も収入を増やしていくことが可能なので

私はずっと専業主婦状態でいます!(笑)

 

家で仕事をしているので専業主婦ではありませんが、家で仕事ができるので外に働き

に出るよりも負担は少ないです。

なので

ネットビジネスなら女性が憧れる専業主婦にかなり近い状態だと思うし、

むしろ自分で稼げるので自分の使いたいことにお金も使いやすいし

専業主婦よりいいんじゃない!?って私は思います。

 

まだまだ上目指して、スーパー専業主婦になれるように頑張りたいと思います♪

私からの無料プレゼントはこちらです

2件のコメント

  • ヴェジフローラ

    共働きと言っても、2人とも正社員か、どちらかが(或いはどちらも)非正規かで、
    経済的事情はだいぶ変わってくるかと思います。
    私は50代女性で子ども1人育てましたが、子どもが3歳になるまで育児休暇が取れ、
    結婚後27年間正社員として働けました。 よく専業の奥様たちから、
    「ご主人のお給料が少なくて大変ね」と言われることがありましたが、
    別に旦那の給料も平均以下ではなかったし、スルーしていました。
    主様のように自分の才覚でのびのび家事と仕事していらっしゃるのは素敵です。
    女性が働くのは生活の為だけと決めつけ、勝ち負けを比べるようでは
    男性も女性も生きづらいですね。
    皆がもっと自由に考え、自分の生き方を肯定的に考えられるようになって欲しいです。

    • そら

      ヴェジフローラさん、コメントありがとうございます。
      働くことに生きがいを感じている方も多くいるので、働いている・働いていないで勝ち負けをつけるべきではないと私は思います。
      考え方は人それぞれですし、自分が好きなように生きることができればそれが自分にとっての勝ちなのではないかな?と思っています。

コメントを残す