プラグインAddQuicktagとWP QUADS使ってアドセンス広告をワンクリックで好きな位置に設置する方法

こんにちは、そらです。

 

アドセンス広告を設置する際には

ブログの中の固定位置にアドセンス広告を設置する

記事の中に手動で設置する

という2種類の方法があります。

 

ブログの中の固定位置にアドセンス広告を設置するというのは一度やってしまえば勝手に記事を書く度に自動で広告が表示されます。

 

simplicityでの最適な位置にアドセンス広告を設置する方法についてはこちらです。

simplicityにアドセンス広告を設置

 

 

今回はその方法ではなく、記事の中に手動で広告を設置する方法について説明していきます。

こちらに関してはビジュアルモードからテキストモードに切り替えて取得したアドセンスコードを記事の中に貼り付ければ広告は設置できるのですが、

毎回コードをコピーしてテキストモードに切り替えて、コードを貼り付けるという作業をするのは面倒なんですよね。

 

私は最初の方毎回そうやってやっていたんですが、とにかくめんどくさかったです。(笑)

 

そこで今回はAddQuicktagとWP QUADSというプラグインを使って記事の中の好きな位置にワンクリックでアドセンス広告を設置する方法について説明します。

以前このサイトではAdSense Managerというプラグインを使う方法について説明していたのですが、こちらのプラグインは結構更新されていない期間が長いためこちらのWP QUADSというプラグインに変更しました。

 

AddQuicktagとWP QUADSの導入方法と記事の中に広告を設置させる方法【動画】

AddQuicktagとWP QUADSとの導入方法と使い方について動画で説明しています。

プラグイン検索で入力するスペルがこちらです

→AddQuicktag

→WP QUADS

 

一度この2つのプラグインを導入して設定までを行ってしまえば毎回ワンクリックで簡単に記事の中にアドセンス広告を設置することができます。

ちょっとした時短にもなりますのでぜひ活用してみてください!

 

私からの無料プレゼントはこちらです

コメントを残す