ネットビジネス

泣くことでストレス解消効果が!?自然と涙が出てくるおすすめ絵本3選!

こんにちは、そらです。

 

最近涙を流したことありますか?

もう大人なので私は人前で泣くことは滅多にないですが、

感動系のテレビなんかはすぐに涙してしまいます。

 

それに比べ子供ってよく泣きますよね。

赤ちゃんはもちろん言葉を話すことができないので泣いてなにかを訴えます。

 

私の息子たちも毎日誰かしら泣いています。

理由は兄弟喧嘩だったり、長男は宿題が進まないだったり・・・(笑)

 

大人になってから泣くことって本当に少なくなりましたが、

泣くことで得られる効果があるんですよね。

 

そこで今回は泣くことのメリットや私がおすすめする自然に涙が出てくる絵本3選を紹介したいと思います。

 

泣くことで得られることは?泣いてストレス解消!

生きている上で全くストレスを感じないっていう人はたぶんいないと思います。

どんな小さいことでもなにかしらストレスを感じますよね。

 

ストレス発散には人それぞれ方法があると思います。

運動したり

歌を歌ったり

買い物をしたり

好きなものを食べたり

などなど。

 

私は喋ることが好きなので、とにかく人と喋ることでストレスが発散されます。

 

ストレスって意識していなくても知らないうちにどんどん溜まっていっているんですよね。

そんなストレスを簡単に解消する方法って知っていますか?

 

 

それは、

泣くこと、涙を流すこと

なんです!!

 

聞いたことがある人もいると思いますが、初めて聞いたかたはびっくりじゃないですか?

私は初めて涙を流すことでストレス解消ができるって聞いたときは

「嘘だ~!!」って思っていました。(笑)

 

それに大人になると、特に男性の方なんかは泣くことに抵抗を感じる方も多いと思います。

しかし、泣くことでストレスが解消され、心身ともにリラックスできる効果があるようです。

 

私たちの身体は自律神経によって調節されています。自律神経は私たちが意識しなくても自動で働いてくれる神経です。例えば、私たちがご飯を食べたら勝手に食べ物を消化してくれるのも自律神経のはたらきです。私たちが呼吸をすることを忘れても勝手に呼吸してくれるのも自律神経のはたらきです。私たちが意識して心臓を動かさなくても心臓が勝手に動いてくれるのも自律神経のはたらきです。

自律神経には緊張の神経である「交感神経」と、リラックスの神経である「副交感神経」の2種類があります。そして「泣く」という行為は、副交感神経によって調節される行為だという事が分かっています。つまり泣くという事は交感神経が活性化しすぎていて緊張しきっている心身を、副交感神経を活性化させることで強制的にリラックス状態に変える効果があるという事です。

一般的には、緊張状態(交感神経が活性化)の時にはストレスが溜まっていき、リラックス状態(副交感神経が活性化)の時にはストレスが和らいでいくものです。副交感神経を活性化させる「泣く」という行為は、やはりストレスを和らげる効果が期待できるのです。

引用:http://seseragi-mentalclinic.com/tear/#i-3

 

悲しいときとか悔しいときに泣いた経験ってないですか?

そして思いっきり泣いたらすっきりしませんでしたか?

これです!

 

たぶん多くの方が自然と経験していると思います。

泣いたらすっきりする

これがストレス解消効果になっているんです。

 

もしストレスが溜まっていると思ったら涙を流してみてください!!

泣くことってマイナスのイメージで捉えられがちですが、全然そんなことはないです!

たまには思いっきり涙を流してみるのもいいんじゃないでしょうか 🙂

 

 

そしてなんとなんと!

泣くことは美容にも効果があるようなんです!

私は泣くとすぐ目が腫れて学生の頃泣いた翌日の朝は目が横棒のようになっていました。(笑)

泣くと目が腫れるのは私だけじゃないと思うので、泣いて美容効果があるなんてちょっと嘘くさいですが、

泣くことで涙腺が掃除され循環がよくなったり、余計な水分が排出されるために顔全体のむくみが減るそうです。

目は腫れるけど、顔のむくみはなくなるようです。(笑)

 

 

笑うこともストレス解消にはいいと言われていますが、

泣くことは笑うこと以上にストレス解消になるようです。

 

最近泣いていない方!

なんとな~くストレスを感じている方!!

ぜひ泣いてすっきりしましょう 🙂

 

涙なしでは読めない!感動するおすすめ絵本3選

子供がいると必ず絵本を読みますよね。

子供に絵本を読んであげるといいと聞きますし、

大人になって絵本を読み返してみるとなかなか面白いです。

 

それに意外に感動する絵本って多いんですよね。

音楽やドラマで感動の涙を流す方が多いと思いますが、は音楽も聞かないしドラマもなかなか見る時間がないのですが、絵本を読む時間は大いにあります。

 

そこで私が涙なしでは読めなかった感動絵本を3冊紹介させてください。

 

 

ちょっとだけ

 

今までは自分だけのママだったのに、下の子ができると急にママは2人のママになり上の子はママに甘えたい気持ちを我慢しなければいけなくなりますよね。

そんななっちゃんがすごく健気で、上の子ってたくさん甘えたい気持ちを我慢してるんだろうなって思うと自然と涙が出てきました。

 

なるべく上の子には我慢させないようにはしてきたつもりですが、

やっぱり無意識のうちに「ちょっと待って」って言っていて寂しい気持ちにさせてきたと思います。

長男に構ってあげられなかった申し訳ない気持ちと小さいながらに気を使っていたんだろうなと思うと涙なしでは読めない1冊です。

 

毎日長男はもちろん、次男、三男との1人1人と話す時間を少しずつ取って、ぎゅっと抱きしめる時間を作っています。

何度読んでも感動する絵本です。

特に2人目の子が生まれるお母さんにはすごくおすすめの絵本で、ぜひ読んでほしいな~って思います 🙂

 

 

 

ずーっとずっとだいすきだよ

 

私はもともと犬の泣ける話ですぐに涙してしまうので、この本はやばいです・・・。

何回読んでも泣けます。

 

うちでは犬を飼っていて3兄弟と一緒になって遊び、エルフィーのようにいたずらをしてよく怒られています。

けど、みんな愛犬のことが大好きです。

子供は成長していくけど、犬はどんどん年老いていく。

 

悲しいけど仕方がないことなので、愛犬と一緒に過ごしている間は絵本の男の子のようにたくさん大好きと言って、いっぱい散歩に行ってたくさん遊びたいと思います。

そしてこの本を読んで言葉にして表現する大切さを学びました。

「好き」って家族にも愛犬にもたくさん言いたいなと思います。

とにかく泣けます!!

 

 

 

わたしがあなたを選びました

自分たちが望んで生まれてきてくれた子供たち。

子供がいて、本当に幸せなはずなのにイライラするし、ちょっとしたことで怒ってしまう自分が情けなくなってしまいます。

こんな私たちの元に生まれてきてくれた息子たちに本当にありがとうという気持ちでいっぱいになる絵本です。

 

あなたたちが選んでくれたおとうさん、おかあさんは一生かけてあなたたちを大切にしていこうと思えます。

妊娠中の方はもちろん、出産後、子供がちょっと大きくなってからでもおすすめです。

 

本当にこんな私がお母さんでよかったんだろうかって思うこともありますが、

私を選んで生まれてきてくれた息子たちの自慢のお母さんでいられるように頑張ろうと思える絵本です!

題名から泣けますが、読んでいくとどんどん涙が出てきます。

 

 

 

たくさん絵本はありますが、私が読んだことのある中ですごく感動できる絵本を紹介させていただきました!

この絵本を読んで涙を流し、すっきりして子育ても頑張ろうと思えます。

 

全て動画で朗読しているので、これらの絵本を読んだことがない方はぜひぜひ聞いてみて下さい 🙂

 

まとめ

私はストレスが溜まってイライラしたときや、なかなかネットビジネスの仕事が捗らない時なんかには、涙を流しストレス解消をしています。

不思議なことに泣くことでイライラもなくなるし、ネットビジネスの作業スムーズに進んだりすることが多いです。

泣いて、すっきりして、作業や子育て頑張ろう!って思うことができます。

 

やっぱり人間ストレスを溜めない生活を送ることが大事ですよね。

 

もしストレスが溜まっていると感じている方、是非涙を流してすっきりしてみてください。

そして子育て中の方にはぜひ私が紹介したおすすめ絵本を読んでみてほしいです。

涙すること間違いなしですよ。