プラグインAdSense ManagerとAddQuicktagを使ってアドセンス広告をワンクリックで好きな位置に設置する方法

こんにちは、そらです。

 

 

アドセンス広告を設置するには

ブログの固定位置に設置する

記事の中に設置する

という2種類の方法があります。

 

ブログ自体に設置するというのは1度アドセンス広告の設置を行ってしまえば固定位置に広告が設置されているので、

記事を書いて公開するだけで勝手に広告が表示されるという状態になります。

 

前回説明したsimplicityにアドセンス広告を設置する方法はブログの固定位置に広告を設置する方法です。

simplicityにアドセンス広告を設置

 

今回はもう1つの記事の中に広告を設置する方法について説明していきます。

こちらに関してはテキストモードに切り替えて取得したアドセンスコードを記事の中に貼り付ければ広告を設置できるのですが、

毎回コードをコピーして貼り付けってするのは結構面倒なんですよね。

 

そこで今回はAdSense ManagerとAddQuicktagというプラグインを使ってアドセンス広告を記事の中の好きな位置にワンクリックで設置する方法について説明します!

 

 AdSense ManagerとAddQuicktagの導入方法と記事の中に広告を設置させる方法【動画】

AdSense ManagerとAddQuicktagの導入方法と使い方について動画で説明しています。

 

プラグイン検索で入力するスペルがこちらです

→AdSense Manager

AddQuicktag

 

ワンクリックでアドセンス広告を設置する方法についての補足

アドセンス広告コードの取得方法がわからないという方はこちらを参考にしてみてください。

アドセンス広告コードの取得方法

 

 

AdSense Managerで広告コードを挿入するときは設定ではなくて、

投稿】→【Ad Units】から入ります。

 

設定ではないので、ここを間違えないように気を付けてください 🙂

 

動画でも説明しましたが、

gtrこちらのプルダウンでは全て「Yes」を選択してください。

 

 

AddQuicktagの設定では、開始タグを入力していきます。

 

Ad Unitsの画面で出てきた赤枠で囲んである[ad#name]をコピーして、開始タグの空欄に貼り付けます。

 

そしてnameの部分を消して、

 

Ad Unitsでつけた名前を入力します。

 

そうすると、このようになります。

これでOKです!

 

 

1度この2つのプラグインを導入して設定を行ってしまえば、

そのブログでは毎回ワンクリックでアドセンス広告を好きな位置に設置することができます。

すごく便利なプラグインですよね!

 

私は全て本文を入力してからアドセンス広告を挿入するのですが、

テキストエディターではなく、ビジュアルエディターにて広告を挿入してください!

 

ちょっとした時短になるプラグインですが、これはすごくおすすめですのでよかったら使ってみてください!

私からの無料プレゼントはこちらです

コメントを残す